平成25年度ラオス・スタディツアー

ラオス国立大学日本語学科を訪問

 

平成26年2月18日から7日間、ラオスへのスタディツアーを行い、6名が参加しました。今回のスタディツアーでは、ラオス国立大学日本語学科の学生やラオス日本センターの方々との交流会を行い、友好を深めることを目的としました。ラオス国立大学日本語学科の教員や学生たちとツアー参加者との昼食を交えての交流会を行い、和やかに懇談することができました。また、在ラオス日本大使館や現地のNGO団体を訪問し、国際協力の実態を学び、あらためて国際協力の難しさを感じました。世界遺産・古都ルアンパバーンではその素晴らしい街並みを肌身で感じ、ラオス独特の伝統文化・食文化を体験することができ、ラオスへの興味がますます深まったツアーとなりました。