ネパール支援内容

  1. 専門家の現地での指導に関する渡航費用・滞在費の支援。
  2. 研修生の受け入れ事業。 現地ネパール人スタッフを定期的に日本へ招聘し、必要な技術の研修を受けさせる。
  3. 技術者の派遣事業。 現地で畑美奈栄さんが行う事業をアシストできる人材を派遣する。
  4. 日本からのスタディツアーの実施。

■ これまでの主な支援活動

1992年
  • ネパールの東洋医学専門学校(OTTC)視察。支援活動内容を検討。
1993年
  • 畑美奈栄さんを専門家として派遣する。
  • ラムマニ・カティワダ氏を滋賀県のもぐさメーカー(株)山正への第1期研修生として日本へ招聘する。
1994年
  • イスワル・ラズ・バラミ氏を第2期研修生として(株)山正へ招聘する。
1995年
  • ネパール東洋医学専門学校の校舎増設を支援。
  • 4階建校舎が完成する。
  • 国際協力事業団へ「ティテパティよもぎの会」へのシニア協力隊員を要請し、認可される。
1996年
  • ネパール東洋医学専門学校の第1回卒業式が行われる。廣池幹堂会長の代理として、木下廣太郎氏が出席。卒業生に「モラロジ-賞」を授与する。
1997年
  • イスワル・ラズ・バラミ氏を国内鍼灸院の研修生として日本へ招聘する。
1998年
  • 麗澤大学外国語学部日本語学科卒業生・田中靖子を現地事務局スタッフとしてネパールへ派遣する。
  • サヌ・ナニ・バラミ氏を国内鍼灸院への研修生として日本へ招聘する。
2000年
  • ティテパティよもぎの会代表・畑美奈栄さんが第28回「医療功労賞海外部門・厚生大臣賞」を受賞する。廣池学園れいたくキャンパスプラザで受賞祝賀会を開催する。
  • カジェンドラ・ビクラム・スヌワル氏を日本へ招聘。手技療法治療院で研修を受ける。
2001年
  • ビシャール・シュレスタ氏を日本へ招聘。手技療法治療院で研修を受ける。
  • イスワル・バラミ氏およびデネッシュマン・ラケ氏を日本に招聘。もぐさ製造に関する技術研修を受ける。