タイへの教育支援

title
mekkoku02
メーコックファーム(現・メーコック財団)は、1991年にタイ北部において観光による地域の発展のための活動をしてい
た現地タイ人のピパット・チャイスリン氏が、麗澤大学・竹原茂教授と聖学院高校・戸辺治朗教諭の協力のもとに共に立ち上げた「現地の問題解決と生活の質の向上を目指したNGO」です。スタディツアーを通し現地の問題への理解者と支援者を得る共に、訪問者に現地での体験の場を提供することで、相互理解に基づく協力関係を築いてきました。

当初は、主に麻薬治療を中心とした現地の問題解決を活動の要としていました。そして、総計約150名のうちの約70%の患者の麻薬中毒脱却に成功しました。山岳民族を主な対象として行ってきましたが、それだけでなく都市部の青少年を対象とした麻薬治療とリハビリテーション活動も行ってきました。また、職業訓練やセミナーを通して様々な問題解決に貢献してきました。

2000年からは、活動の重点を生活の質の向上に移して、教育支援活動をメインに様々な支援活動を展開しています。教育支援活動において、貧しくて教育を受ける機会に恵まれない総計88名の子供たちの教育支援(奨学金制度)を行ってきました。
dd

mekkoku

現在は41名の子供たちがプロジェクトの支援を受けて勉学に励んでいます。また、両親のいない、教育を受けられない環境にいる子供たちをメーコックファーム施設内においても受け入れ、学校教育による学業支援のみならず、基礎的な農業技術から養鶏、魚の養殖、ハンディクラフト等の技術や知識、経験の取得の支援を行っています。そして、幼稚園児から中学生まで24名の山岳民族の子供がプロジェクト内で寝食を共にしながら教育を受けています。

2003年2月に現地財団法人格を取得し、名称をメーコック財団と改め、より安定した 活動運営とより充実した教育支援のため、さらに現地の問題解決と生活の質の向上にいっそう貢献できるよう日々奮闘しております。

メーコック財団
会長 ピパット・チャイスリン

竹原基金のご案内 財団法人麗澤海外開発協会(RODA)では、平成15年度より新たに「竹原基金」(Takehara Fund)を設けました。
この「竹原基金」は、1983年にラオスから日本に帰化し、現在、麗澤大学外国語学部教授であり本法人理事として国際救援活動で活躍する竹原茂氏(旧名:ウドム・ラタナヴォン氏)に由来する基金です。タイ、ラオス、カンボジアを中心に難民救援運動に率先して尽力するなど、まさに献身的な姿勢をもって国際協力活動に取り組み、1984年からは、タイ北部の恵まれない少数民族の救援活動として、子供たちの教育施設の建設や教育支援、さらに学生・青少年を対象にしたスタディツアーを企画・運営するなど、常に発展途上国に対する教育支援と人材育成に携わっています。

何卒この趣旨にご理解とご賛同を賜りまして、本基金に対するご支援とご協力をくださいますようお願い申し上げます。

お振込先について
*郵便局振替の場合は、通信欄に「竹原基金」とご記入ください。
郵便振替:口座番号 00120-6-499164 名義:(財)麗澤海外開発協会

*銀行振込の場合は、下記の専用口座をご利用ください。
銀行口座:東京三菱銀行 松戸支店 普通 1286464 名義:竹原基金口


CopyRight(C)2003-2011 Reitaku Overseas Development Association All rights reserved.